お奉行様の土俵入り 鍋奉行犯科帳

田中啓文

658円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    町奉行職をほったらかして、稽古後の飲み食い目当てで相撲部屋に入りびたる大邉久右衛門。いつものように力士もあきれるほどの食べっぷりを披露している最中、食うや食わずの弱小部屋の関取が侍に襲われたという報を耳にする。折しも難波新地では花相撲興行を控えており、なにか裏があるようなのだが――(「餅屋問答」)。豪快に食べまくる3編を収録した満腹絶倒の痛快時代小説、シリーズ第5弾!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード