鍋奉行犯科帳 京へ上った鍋奉行

田中啓文

638円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大坂の町に、将軍家治のご落胤「天六坊」なる者が現れた。すわ天下を揺るがす一大事! のはずが、こんな時でも大食漢の西町奉行・大邉久右衛門の頭の中は美食の探究一辺倒。貧乏飯屋「業突屋(ごうつくや)」のトキ婆さんからもらったハゼを天ぷらにしたのだが、どうにも口に合わない。実は大坂と江戸の天ぷらには大きな違いがあって……(「ご落胤波乱盤上」)。他、型破り奉行が大活躍の2編を収録。シリーズ第4弾。

    続きを読む
    • 鍋奉行犯科帳シリーズ 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      鍋奉行犯科帳シリーズ 全 8 巻

      5,307円(税込)
      53pt獲得

    レビュー

    • 2017/04/26Posted by ブクログ

      『こなもん屋うま子』があまりに楽しかったので、この著者の時代小説ならば、あまり時代小説に慣れていない私でも読めそうだと、シリーズを大人買い。期待を上回る楽しさでした。

      大坂西町奉行所に赴任してきたの...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/06/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/12/09Posted by ブクログ

      どんだけ食い意地張ってるねん、このお奉行様(笑)。『みをつくし料理帖』のように上品ではないけれど、大好きなシリーズです。脇を固める用人、同心、飯屋のお婆、皆なんとも魅力的。各章二本立てで進む謎に満ちた...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001517938","price":"638"}]

    セーフモード