鍋奉行犯科帳 浪花の太公望

田中啓文

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大坂庶民の夏の楽しみといえば、天神祭と鱧料理。だがこのところ、刀ばかりを狙う賊徒が横行し、東西町奉行所の与力や同心たちは祭どころではない。能天気なのは食い道楽の奉行・大邉久右衛門のみで、騒ぎをよそに料理方の源治郎に鱧の骨切り修業を言い渡す始末。その目的が噴飯もので――(「地車囃子鱧の皮」)。他、極上の献立が彩る2編を収録。鍋奉行の名裁きが魅せる食いだおれ時代小説第3弾。

    続きを読む
    • 鍋奉行犯科帳シリーズ 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      鍋奉行犯科帳シリーズ 全 8 巻

      5,307円(税込)
      53pt獲得

    レビュー

    • 2018/02/03Posted by ブクログ

      ネットに掲載されているプロフィールを読めば、明らかに変人であろう田中さん。著作のカバーにあるご本人の写真は、なんだか売れない芸人みたいだし(失礼(^^;)。だけど、時代ものはまだまだ苦手な私がハマって...

      続きを読む
    • 2015/02/23Posted by ブクログ

      今回も楽しめました♪お奉行様が狸になったりして。さぞお奉行のお腹は良い音がするのでしょう。綾音さんと小糸さんの直接対決?もハラハラさせられました。同じ男を好きになるのだから実は気が合うのかも。とはいえ...

      続きを読む
    • 2014/06/19Posted by ブクログ

      キャラクターも定着して、
      すっかりシリーズになったなぁという感じですね~。
      愛すべきそれぞれの登場人物に、
      巻き起こる事件の多彩さに、
      いろんな所に題材をとった楽しさ。
      ほんと、ドラマ化とかされても楽...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000299316","price":"616"}]

    セーフモード