鍋奉行犯科帳

田中啓文

545円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

大坂西町奉行所に型破りな奉行が赴任してきた。名は大邉久右衛門。大食漢で美食家で、酒は一斗を軽く干す。ついたあだ名が「大鍋食う衛門」。三度の御膳が最優先で、やる気なしの奉行に、与力や同心たちはてんてこ舞い。ところが事件が起こるや、意外なヒラメキを見せたりする。ズボラなのか有能なのか、果たしてその裁きは!?食欲をかきたてる、食いだおれ時代小説。オリジナル文庫。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード