ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階

著:ジム・コリンズ 訳:山岡洋一

2,420円(税込)
1%獲得

24pt(1%)内訳を見る

    「成功から生まれる傲慢」「規律なき拡大路線」「リスクと問題の否認」「一発逆転策の追及」「屈服と凡庸な企業への転落か消滅」――。企業は、いつかは衰退する。それは偉大であった企業も例外ではない。本書は、『ビジョナリー・カンパニー』『ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則』で膨大な調査データから「時代を超える生存の法則」と「良好な企業から偉大な企業への飛躍の法則」を導き出した在野の経営学者、ジェームズ・C・コリンズが、一転して「衰退の法則」に着目、「衰退の5段階」としてまとめた。取り上げられたのは、前記2冊で言及された60社の大企業のなかから、「衰退の五段階」を歩んだヒューレット・パッカード(HP)、メルク、モトローラ、ラバーメイド、スコット・ペーパー、ゼニスなどの11社。この11社を現時点で衰退していない同業の比較対象企業と比較し、どこが岐路となったのかを分析した。衰退企業11社を選んだのが2008年の金融危機以前であったため、『ビジョナリー・カンパニー2』で飛躍企業として取り上げられ、経済危機で国有化されたファニーメイ(連邦抵当金庫)は入っていないが、付録に「ファニーメイと2008年の金融危機」として言及されている。卓越したリーダーによって衰退パターンを逃れたケースもある。ルイス・ガースナーによって再建されたIBMや、ニューコア、ノードストロームのケースが付録として収録されている。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    108
    5
    26
    4
    44
    3
    31
    2
    6
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/08/28Posted by ブクログ

      ・偉大な企業が衰退に向かう時、次の5段階を経ることが多い。

      ①第1段階「成功から生まれる傲慢」
      衰退への第1段階が始まるのは、企業が傲慢になった時。成功したことにより、自分たちの長所と能力を過大評価...

      続きを読む
    • 2019/04/21Posted by ブクログ

      優秀な経営者は教えるのでなく常に学ぼうとする
      信頼できるものは肩書きでなく、何の責任を負っているかで自らを説明する
      企業はイノベーション不足より、リスクを取りすぎて転落するほうが多い
      本業への熱意と回...

      続きを読む
    • 2019/03/10Posted by ブクログ

      再読。

      私にとっての教科書は、この1つ前の『ビジョナリー・カンパニー② 飛躍の法則』

      「最初に人を選び、その後に目標を選ぶ」
      「まずはじめに、適切な人をバスに乗せ、不適切な人をバスから降ろし、つぎ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード