【最新刊】グローバリズムという病

グローバリズムという病

著:平川克美

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    内田樹氏推薦!「これは平川君の書き物のうちでも最良のもののひとつだと思う。僕はこの本のすべての頁に同意署名できる。」東洋経済ブックスオンラインの人気連載を加筆・修正し単行本化。著者が、常々感じていたグローバリズムというものに対する違和感を綴った経済エッセイ。グローバル企業、グローバル人材などの「グローバル○○」という用語。ニューストピックなどで見かけない日がないといっても過言ではありません。同時に、グローバル、グローバルと迫られても「なんだかなあ」「もうウンザリ」と違和感をもつ方も少なくないはず。そんなモヤモヤした気持ちをもたらす由縁である「グローバリズム」の正体を丁寧に解きほぐしていく一冊です。グローバリズムは、資本主義が生き延びるための最後の処方箋かのようにいわれていますが、はたしてそうなのでしょうか?むしろ資本主義が必然として生み出す副作用ではないでしょうか?本書ではわたしたちが逃れ得ぬ「グローバリズムという病」に罹患しつつも、それでも生き延びていくための道筋を示します。【主な内容】第1部グローバリズムはどこから来たのか~グローバル信仰とその起源第1章「生態系」を破壊するグローバリズムという病第2章日本人の独特なグローバル信仰第3章「グローバル人材」論と英語力第4章銃規制をできないアメリカと、グローバリズムの起源第5章グローバリゼーションとグローバリズム第2部国民国家を乗っ取る株式会社~経済が社会を牛耳るコーポラティズム第6章株式会社対国民国家第7章租税回避で海外逃避する企業第8章新自由主義の正体第9章戦後体制の崩壊と、消えた国民経済第10章国民国家の理念に背馳する特定秘密保護法第3部グローバリズムはどこへ行くのか~対抗する思想第11章グローバリズムとはお金儲けのための世界レベルの競争戦略第12章家族制度の長い歴史と株式会社の驚くほど短い歴史第13章失われた生活者の思想と、根拠地の思想を求めて

    続きを読む
    提供開始日
    2014/09/05

    レビュー

    • グローバリズムと...2014/11/25Posted by ブクログ

      グローバリズムとグローバリゼーションの違い、などということ、今まで考えたことありませんでした。
      グローバリズムは収奪のハイブリッドシステム…なるほどなぁと。
      何だか結局よくわからなかった安倍総理が、ど...

      続きを読む
    • グローバリズムと...2014/08/11Posted by ブクログ

      グローバリズムとは何なのか?
      世界がグローバル化している&国際的な取引が当たり前になってきていると言うならば、古代の時代から、人はグローバルを目指して商売をしてきているはずであり、それがなぜ今ここまで...

      続きを読む
    • グローバリズムと...2015/01/11Posted by ブクログ

      この本に書いてあることのすべてが真実かどうかはわかりませんが、今の世界のあり方、日本のあり方、日本の立ち位置を考える上では、役に立つ本でした。

      国民国家と株式会社の関係、家族構成と組織構成の関係な...

      続きを読む
    開く

    セーフモード