【最新刊】鈴木敏文の「統計心理学」 「仮説」と「検証」で顧客のこころを掴む

鈴木敏文の「統計心理学」

著:勝見明

629円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    さまざまなデータの「本当のようなウソ」を見抜く独自の「統計学」とは?情報の先にある「顧客の心理」をいかに見抜くか?仮説と検証の繰り返しで、「正しい解答」を見つけ出していく鈴木流情報分析術を全公開。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/09/05
    連載誌/レーベル
    日経ビジネス人文庫
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント(17件)
    • 鈴木敏文の「統計...
      ネタバレ
      2014/01/26Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 鈴木敏文の「統計...2013/03/31Posted by ブクログ

      ■マーケティング分析

      A.鈴木氏の発想の根本には、次の5つの視点がある。
      1.今の時代の動きを把握するために必要な、時間軸で変化の流れを大きく捉える視点。
      2.世の中の潮流の中に潜む本質を読み取るた...

      続きを読む
    • 鈴木敏文の「統計...2008/03/14Posted by ブクログ

      環境が目まぐるしく変化する時代には、論理的に導き出せる「正しい解答」はなく、常に仮説と検証繰り返しながら、変化に対応していかなければならない。(本文P16引用)

    開く

    セーフモード