【最新刊】稲盛和夫の実学

稲盛和夫の実学

1冊

著:稲盛和夫

523円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    バブル経済に踊らされ、不良資産の山を築いた経営者は何をしていたのか。儲けとは、値決めとは、お金とは、実は何なのか。身近なたとえ話からキャッシュベース、採算向上、透明な経営など七つの原則を説き明かす。ゼロから経営の原理と会計を学んだ著者の会心作。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/09/05

    レビュー

    4
    181
    5
    51
    4
    83
    3
    44
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/17Posted by ブクログ

      開始日、読了日ともに不明

      京セラをつくり、KDDIをつくった稲盛さんの経営哲学、会計哲学を記した本。
      端的に示しているのでとてもわかりやすく、京セラでの実例や、セミナーにおける相談内容なども掲載され...

      続きを読む
    • 2020/02/09Posted by ブクログ

      一対一の原則。完璧な主義を貫く。ガラス張りの経営。改めて重要性を理解し、業務を見直そうと思った。また、会社の採算システムの凄さとありがたさを知った。毎日判断できる重要な試指標があること、誰でもアクセス...

      続きを読む
    • 2020/01/26Posted by ブクログ

      固定資産の例だけでも、「常識を疑う」ことの大切さがわかった。稲盛イズムって胡散臭がられがちだけど、やっぱり創業者はすごい。

    開く

    セーフモード