【最新刊】不信の鎖 警視庁犯罪被害者支援課6

警視庁犯罪被害者支援課

7冊

堂場瞬一

924円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    <警視庁犯罪被害者支援課――犯罪被害者の家族などの心の支援を行うセクション>ブラック企業として知られるハウスメーカー社長の娘が殺害された、二年前の事件。意外な犯人の自供で捜査が急展開するなか、怒りを爆発させる被害者の父・大崎と村野は再度向き合う。執拗に取材を続ける記者と部下の不審な接触。悪名高き男は守られるべきか? 疑念が支援課の根幹を揺さぶる。<文庫書下ろし>

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/09
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.5
    46
    5
    7
    4
    13
    3
    24
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/22Posted by ブクログ

      所謂警察小説から一歩置いた、犯罪被害者に焦点を当てた意欲的なこのシリーズ。
      犯罪被害者とは、弱者というのが通念だが、今回はそんな通念を覆す人物が対象となる。
      過去に犯罪すれすれの悪事をやってきた人物で...

      続きを読む
    • 2019/09/12Posted by ブクログ

      シリーズ第6弾。
      ラストラインなどは、もう新作を読むことを諦めてしまったけど、このシリーズは少しテイストが違うので、新作が出るたびにちゃんと読んでしまう…
      そして、第6弾にして後悔…
      犯罪者支援課シリ...

      続きを読む
    • 2019/09/09Posted by ブクログ

      お気に入りのシリーズなのだが今回はイマイチ入り込めなかった。このシリーズに限ったことではないが捜査部門でない警官が主人公の場合、結局は捜査に加わることになりなんとなく半端な立ち位置になってしまうのが残...

      続きを読む
    開く

    セーフモード