【最新刊】キリングバイツ 14巻

キリングバイツ

14冊

原作:村田真哉 作画:隅田かずあさ

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「獅子」との再戦を望む「虎」に立ちはだかったのは、三人目の「宇崎」の少女! 一方、純は応援団の鮫島とタイマンを張る事に…!? 獣闘士、管理局、財閥――。決勝に向け、いくつもの闘志と陰謀が渦巻き始める!!

    続きを読む
    ページ数
    196ページ
    提供開始日
    2019/09/05
    連載誌/レーベル
    ヒーローズ
    • キリングバイツ 全 14 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      キリングバイツ 全 14 巻

      8,855円(税込)
      88pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4
    6
    5
    4
    4
    0
    3
    0
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/06Posted by ブクログ

      手術もしくは先天性のものによるゾアントロピー能力を駆使して
      裏社会の実権をかけた代理戦争戦を描いたアクションなんだけど
      パワーインフレが凄すぎてあんまり面白くない。
      1巻序盤で強かったキャラが2巻では...

      続きを読む
    • 2017/10/06Posted by ブクログ

      手術もしくは先天性のものによるゾアントロピー能力を駆使して
      裏社会の実権をかけた代理戦争戦を描いたアクションなんだけど
      パワーインフレが凄すぎてあんまり面白くない。
      1巻序盤で強かったキャラが2巻では...

      続きを読む
    • 2015/12/07Posted by ブクログ

      電子書籍にての読了 テラフォーマーズの獣だけ版みたいな感じ4つの勢力が争い合っているという設定がたまらなく僕の心をくすぐります。 まあテラフォーマーズよりこっちの方が先っぽいですが

    開く

    セーフモード