【最新刊】日用服飾事典PLUS

日用服飾事典PLUS

お得

1冊

著者:大田垣晴子

1,047円523円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    武蔵野美術大学で服飾を専攻していた時代に描かれた、ファッションのうんちく本(96年刊行)。レースの起源、キルティングの文化史、ワイシャツはなぜワイシャツというのか等々をABC順に紹介。単行本化に際し、大量に書き下ろしを加えました。

    続きを読む
    ページ数
    200ページ
    提供開始日
    2014/08/29
    連載誌/レーベル
    ダ・ヴィンチブックス
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    女性マンガ
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2012/04/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2009/02/22Posted by ブクログ

      表紙、これ刺繍。可愛い。服飾用語でなにげに聞いたり見たりするけど、本当のところ何?ってものはたくさんある。例えばオストリッチやスノッブって言葉ね。そんなのの語源や意味なんかがイラストで説明されているの...

      続きを読む

    セーフモード