【最新刊】季節七十二で候。

季節七十二で候。

お得

1冊

著者:大田垣晴子

1,257円629円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    豊かに味わい暮らすことができる七十二候をセイコ流の気づき視点で紹介。役立つ!そして楽しい!イラストで綴られる、セイコさんのほのぼの親子暮らし。文字だけでは伝わらない四季を味わういろいろな知恵が、絵になると一気に理解が進みます。

    続きを読む
    ページ数
    209ページ
    提供開始日
    2014/08/29
    連載誌/レーベル
    ダ・ヴィンチブックス
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    女性マンガ
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.4
    5
    5
    0
    4
    3
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/12/20Posted by ブクログ

      「七十二候」は中国由来の季節を分けた言葉です。五日ごとの季節にわけ、作者がわかりやすく解説しています。五日間でも、周りの風景は変わります。普段流れていくその風景をこの本を読んだ後にじっくり見てみること...

      続きを読む
    • 2016/01/05Posted by ブクログ

      恥ずかしながら七十二候はこの歳で初耳でした。
      二十四節気ですら、単語は知っていても主だったもの(立春とか)くらいしか意識したことなかったのでとても新鮮でした。

      わかりやすく手短な解説に加え、大田垣さ...

      続きを読む
    • 2013/12/17Posted by ブクログ

      七十二候は馴染みがなくて憶えにくい~イラストとエッセイを書く生活。夫は深夜仕事。娘は2歳半。寒いの苦手~季節感のあるものを書きたかったのだろうけど,まとめて読むと季節感ゼロ。雑誌の連載だから良かったの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード