【最新刊】【合本版】新耳袋 第六夜~十夜 現代百物語

新耳袋

12冊

著者:木原浩勝 著者:中山市朗

2,530円(税込)
1%獲得

25pt(1%)内訳を見る

    人に語られ、人に伝わってこそ怪談に命が宿る――。この世の不思議と底知れぬ怖さを垣間見る、怪談本の決定版、第六夜から第十夜までを1冊にまとめた合本版第二弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/06/11
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.9
    64
    5
    25
    4
    18
    3
    16
    2
    3
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/09/06Posted by ブクログ

      現代怪談集の傑作。
      話の背景や因縁が見えてこないところ、つまりなにも特別なことをしていないのに「出会ってしまった」、そこになんとも後味の悪さが尾を引くし、恐怖を掻き立てられる。

    • 2019/07/23Posted by ブクログ

      怖いというより不思議な話が多かったかな。ただ、ネットで見た幽霊の声が入ったテープの話や親から聞いた怪談なんかも出てきて妙なリアルさを感じた。

    • 2018/03/30Posted by ブクログ

      あー、面白かった!特に好きだったのは『赤絨緞』『黄色い水槽』です。こういう物語には中毒性がある。そしてどこかで聞いたような同じような物語がたくさん世の中には蔓延しているんだなぁと思う。怪談を愛している...

      続きを読む
    開く

    セーフモード