【最新刊】風の耳たぶ

風の耳たぶ

1冊

著者:灰谷健次郎

682円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    海岸沿いのバス停に降り立ったのは、老夫婦だった。日本画の大家・藤三と長年連れそう妻ハルは死に行く旅に出た。灰谷健次郎が描ききった明るくさわやかな「老いの文学」の最先端。※本書は、2001年12月に理論社から刊行された単行本『風の耳朶』を改題し、文庫化したものが底本です。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/29
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.1
    7
    5
    3
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/12/15Posted by ブクログ

      灰谷健次郎のことばは、これ以上ないというほどに噛み砕かれていながら、傷ひとつない珠のようにつるんとしていて、体の隙間という隙間に染み込んでくるようだ。そしてこの作品は、あまりに凄まじい。凄まじく鋭くあ...

      続きを読む
    • 2012/08/28Posted by ブクログ

      本を読んで味わう優しさというものを学んだ。
      僕の将来を決めた一冊。  批評しきれない優しさを持っています。
      是非読んで、批評してください。

    • 2012/03/09Posted by ブクログ

      最初は現代に対する批判ばかりで投げ出そうかと思いましたが、最期まで読むと何だか切ない気分に。ふしぎです。

    開く

    セーフモード