【最新刊】子どもの隣り

子どもの隣り

著者:灰谷健次郎

418円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「わたしはどうせ死ぬんだから」――四度目の心臓手術を拒否し、いつもそう言っては母親を泣かせている少女・千佳。その千佳が、隣の病室の患者との触れ合いの中で、次第に心を開いていく様子を描いた「燕の駅」。四歳の男の子・タアくんの日常と、その瞳に映る様々な大人たち、そしてタアくんが心の中に秘めている痛いほどの孤独と不安を描き出す表題作「子どもの隣り」など、全四編を収録。現代に生きる子どもたちの傷つきやすい心を繊細に描き出した、珠玉の作品集。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/29
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 1巻
      ネタバレ
      2014/10/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 1巻2011/09/11Posted by ブクログ

      灰谷さんの描く子どもは子どもっぽくなくて、でも確かに子どもで。
      子どもならでは本質の付き方が本当に素敵だなと毎度思います。

      この本は4作品を集めた薄い短編集ですが、
      そんな短い話の中にも、生と死を子...

      続きを読む
    • 1巻2010/09/08Posted by ブクログ

      「つばめがとまるところは みんな つばめのえきです」(燕の駅)
      「わたしは父や母をふつうに愛しているけれど、それはときどき、父母を憎んだり軽蔑したりするからだと思う。そういうことを父も母もわかってない...

      続きを読む
    開く

    セーフモード