【最新刊】ブルーライト 体内時計への脅威

ブルーライト 体内時計への脅威

坪田一男

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    スマートフォン、タブレット、LED照明……今や日常生活の至るところで、我々が否応なく過剰に浴びているブルーライト。実は、その光は眼に、人体に深刻な影響を与えている。眼精疲労や加齢黄斑変性など眼への影響だけではなく、夜間に過剰なブルーライトを浴びると体内時計が壊れ、心身に変調をきたすのだ。LEDディスプレイから発せられる、そうした光をカットするPCメガネの登場など世の中の関心が高まるなか、増え続けるブルーライトの使用に警鐘を鳴らし、対策を伝授する。【目次】はじめに/第一章 ブルーライトはハザードか?/第二章 ブルーライトはどこから出ている!?/第三章 ブルーライトと時計遺伝子/第四章 ブルーライトと健康/第五章 ブルーライトとの付き合い方/おわりに

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/22
    連載誌/レーベル
    集英社新書

    レビュー

    • null巻2014/02/09Posted by ブクログ

      CRTよりも目に優しいと言われた液晶ディスプレイから放たれるブルーライトは眼にダメージを与えるという。そんなことも含め、人間が「リズム」を基本に命を長らえていることがよくわかる。喰う、寝る、食べる、が...

      続きを読む
    • null巻2014/10/26Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      スマートフォン、タブレット、LED照明…今や日常生活の至るところで、我々が否応なく過剰に浴びているブルーライト。
      実は、その光は眼に、人体に深刻な影響を与えている。
      眼精疲労や加齢黄斑変...

      続きを読む
    • null巻2014/12/23Posted by ブクログ

      ブルーライトのいいことわるいこと、深い!
      ただ、ブルーライトの話は面白いけど、作者の睡眠に対する理解はいまいちな気はする。

      P178 7.5時間が理想的、90分サイクルだからちょうどいい、 という記...

      続きを読む
    開く

    セーフモード