貧楽暮らし

森まゆみ

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いくらお金を稼いで貯めても生きる喜びにつながらなければ意味はない。潤沢なお金がなくても、日々をいかに楽しく暮らすのか。それが「貧楽暮らし」。著者の三人の子どもたちは自立へと旅立ち、四半世紀続けた地域誌『谷中・根津・千駄木』は終巻を迎えた。変わらずあるのは生まれ育った東京の古い寺町の四季と仲間たち。著者自らのターニングポイントをみつめたエッセイ集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/07/09Posted by ブクログ

      「女三人シベリア鉄道」を読み終わったらなんだか寂しくて、もっと森まゆみさんの作品を読みたいなと思い、エッセイを。以前に「寺暮らし」を読んでいるけれど、あまり覚えてない……。
      この「貧楽暮らし」も日常の...

      続きを読む
    • 2011/04/19Posted by ブクログ

      東京を離れてだいぶ経つが、谷根千近隣に住んでいたこともあって、森さんのエッセイを読むと東京の空気を思い出す。私にとっての東京は、路地と坂と古い寺社の街だ。相変わらず、ちょっとつっけんどんな感じもする簡...

      続きを読む
    • 2010/11/11Posted by ブクログ

      著者の名前から上品な、知的な方と想像していた。が、子供を育てるおおらかさにびっくり。けっこういい加減でありながら、町の歴史はきちんと整理して押さえられてて、作者のイメージ像が変わった。

    開く
    [{"item_id":"A000294753","price":"495"}]

    セーフモード