信長の女

清水義範

555円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    和歌や蹴鞠は古くさいと無視、少年たちに菓子を配って家来に従え、馬で駆け回った元服前。織田信長が心惹かれたのは、各地から船で物資が集まる港町だった。商いで世を制することができ、海の道でつながる遠い異国が攻めてくるかもしれない。新しいものに憧れる信長が、明の衣装をまとった美しい少女と出会い、ひと目で虜に……。戦国のカリスマの初恋と青春時代を描く、新釈・信長伝。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2018/05/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/02/17Posted by ブクログ

      『信長の女』
      面白い切り口の作品だと思いました。
      信長のパートナーは当然、斉藤道三の娘。
      ゲームや他の作品でも、マムシの娘がメインでしたから。

      信長にも、このような淡い恋があったのでしょうか?
      また...

      続きを読む
    • 2011/02/23Posted by ブクログ

      若き織田信長を、架空の女性との切ない恋愛譚を交えつつ描く作品。今まで、あまたの作家さんたちに取り上げつくされた人物であろうにもかかわらず、まだこんな切り口があったのかぁ〜と思ってしまう作品です。さっす...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000294722","price":"555"}]

    セーフモード