猛き箱舟 上

船戸与一

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あの「灰色熊(グリズリー)」のような男になりたい。香坂正次は胸に野心を秘め、海外進出日本企業の非合法活動を担うその男に近づいて行った。彼に認められた正次の前には、血と暴力の支配するアフリカの大地が開けた。その仕事は、砂漠の小さな鉱山を、敵の攻撃から守ることだった――人の世の地獄、野望と絶望を謳いあげた大ロマン。

    続きを読む
    • 猛き箱舟 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      猛き箱舟 全 2 巻

      1,760円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    • 2009/11/27Posted by ブクログ

      1970~80年代、積極的に海外へ進出する日本企業。
      南米、東南アジア、アフリカといった途上国へ進出するとなれば、
      ゲリラ、誘拐、政情不安といった「カントリーリスク」がつきものなわけで。
      その種のリス...

      続きを読む
    • 2009/11/27Posted by ブクログ

      あの「灰色熊」のような男になりたい。
      香坂正次は胸に野心を秘め、
      海外進出日本企業の非合法活動を担うその男に近づいて行った。
      彼に認められた正次の前には、血と暴力の支配するアフリカの大地が開けた。
      ...

      続きを読む
    • 2004/10/05Posted by ブクログ

      熱量、情念量、流血量、どれをとっても船戸最高作。厚い、暑い、熱い、篤い!上下巻1200ページ、寝床で読み始め、止まらずに12時間かけて一気読みしたけど、興奮の余りそれから12時間寝られなかった。国益の...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000294675","price":"880"}]

    セーフモード