それからの武蔵(四)島原篇

小山勝清

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    寛永十四年、天草四郎の旗のもと島原の乱が起こる。小笠原家の侍大将として養子伊織が出陣、武蔵も細川家の要請で陣営へ。翌年二月、原城は陥落するが、戦火は由利姫、森都らに新たな運命をもたらす。五十六歳病いに倒れた武蔵は、病いもまた戦いの場と幻と現実のはざまで「わが道、遠し」と呟く。存命中、既に伝説の男となった武蔵の闘志は甦るか。

    続きを読む
    • それからの武蔵 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      それからの武蔵 全 6 巻

      3,630円(税込)
      36pt獲得

    レビュー

    • 2013/04/20Posted by ブクログ

      (1984.11.25読了)(1984.11.02購入)
      出版社からの内容紹介 amazon
      武蔵の前に武蔵なし!巌流島の決闘は武蔵の一撃の勝利に終った。だが、小次郎の復讐を誓う男女や新たな敵との戦い...

      続きを読む

    セーフモード