自殺倶楽部

谷村志穂

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「私」は高校二年生。ある放課後、図書館で「海の泡同盟」と称する詩を読む会に誘われたが、その集まりは、実は自殺を目的とする集団だった。そこで「私」に課せられた役割は死を見守ること、他人の死を記録することだった――。「ヒカルモノ」である死と、その対照にある「ヨドムモノ」としての生。真っ直ぐに生きようとすればするほど、死に近づき魅了される十代の純粋な魂の軌跡を描く問題作。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2014/04/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/02/24Posted by ブクログ

      「みずみずしい文章」というのがぴったりの青春?小説。タイトルからしてミステリーかと思ったのだけど全然違った。
      事故で片足を悪くした女の子が、同じ学校の先輩が主催する自殺倶楽部に招かれ、これから自殺する...

      続きを読む
    • 2014/11/19Posted by ブクログ

      第一章 集団自殺をする高校生
      第二章 遺された主人公
      第三章 その後の世界

      明るいお話でした

    開く
    [{"item_id":"A000294613","price":"440"}]

    セーフモード