【語注付】地獄変

芥川龍之介

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【語注付】時は平安時代。高名だが傲慢な絵師の良秀は、貴族の大殿様に頼まれた地獄の絵が描けずに苦しんでいた。凄烈な劫火に灼かれ、悶え苦しむ美しい女――。それを自分の眼で実際に見たいと良秀は望む。そこで大殿様は、残酷な方法を思いつき……。芸術のために全てを犠牲にするエゴイズムを凄絶に描いた表題作のほか、「羅生門」、「蜘蛛の糸」、「鼻」、「藪の中」など著者の代表作を収録。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/11/17Posted by ブクログ

      掃除したら出てきたお父さんの本.

      芥川龍之介の作品は初めてではなかったけれど,読んだことのない短編が沢山読めた.
      しかし中には,どう解釈すればよいのか分からない難しい作品もちらほら

      全体を通して,...

      続きを読む
    • 2013/01/24Posted by ブクログ

      私が買ったのは、小畑健の表紙だったのですが。同じ「地獄変」でも随分と雰囲気の違うイラストでした。
      久々の文学ものでしたが、やっぱり流石、の一言に尽きると思います。12編の小品が納められていますが、中で...

      続きを読む
    • 2013/10/14Posted by ブクログ

      これは…何度も読んでるんだけど(なんてったって、小学生の時に買ったものだし)、授業で紹介するために、「藪の中」の正確な内容を復習しようと思って。

      なんで文学じゃなく、社会学の授業でそれを紹介するかっ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000294612","price":"495"}]

    セーフモード