産婦人科病棟

江川晴

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    この春、高校を卒業した志賀有紀子。白百合産婦人科病院に就職、働きながら准看護学院に通っていた。妊娠7カ月の妊婦の掻爬に立会った。結果、患者は息をひきとった。「あんたたち、今夜のこと、絶対、誰にも言ってはなりませんよ」婦長は何回も念を押した。こんなこと黙っているなんて私できません、反論できない自分が、みじめだった。人間不信、医療不信を描く、衝撃のドキュメンタリー小説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/08/10Posted by ブクログ

      元ナースの作者さんだということに惹かれて。「患者のための医療か、医療のための患者か。」確かに医療現場は綺麗なことばっかりじゃないし、こんな病院は少なくないと思う。自分は将来その医療ってゆー環境の中でど...

      続きを読む
    • 2011/06/30Posted by ブクログ

      看護師を目指す人、高校の進学担当教師に読んで欲しいと思う本。自分がすすもうとする道がどういう場所か調べたほうがいい。主人公は苦労しているがきつい言い方をするとそこしか行けなかった主人公の努力不足。行っ...

      続きを読む
    • 2007/07/16Posted by ブクログ

       新しい命が生まれるはずの産婦人科。そこでお手伝いをしながら准看護学院に通っている新米・志賀有紀子。しかしながらそこで見たものは、決して幸せな患者達の姿ではなかった・・・。

       新しい命を生み出す現場...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000294611","price":"495"}]

    セーフモード