ぐうたら社会学

遠藤周作

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    敬虔なクリスチャンにして、『沈黙』ほか、文学史に残る数々の名作を遺した遠藤周作。そのもうひとつの顔は、大仏の掌で「アア、コリャコリャ」と踊る酔っ払いに親愛の情を感じ、「お前にはマメ狸が憑いとる」と占い師のご託宣を受けて落ち込み、庭のアヒルとにらみあう、かわいらしくも可笑しい「狐狸庵先生」であった。含羞とエスプリがにじむ、極上のユーモアに満ちた狐狸庵のエッセイの真骨頂。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/10/27Posted by ブクログ

      遠藤周作2冊目。
      やっぱりこの人文章上手いですね。

      なんというかリズムが良い、というか。

      と思いながら読んでたらその点ご自身で言及してました。


      『笑いというのは間でしょう、テンポでしょう、句読...

      続きを読む
    • 2011/08/15Posted by ブクログ

      伊坂幸太郎さんが遠藤周作さんが好きだ
      と何かで言っていたことを思い出し、まずエッセイから購入

      伊坂さんが好き=フェミニスト的?と思っていましたが
      全然違っていました
      別に女性蔑視という印象も言葉ほど...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2013/02/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000294565","price":"440"}]

    セーフモード