【語注付】銀河鉄道の夜

宮沢賢治

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【語注付】青や橙色に輝く星の野原を越え、白く光る銀河の岸をわたり、ジョバンニとカムパネルラを乗せた幻の列車は走る。不思議なかなしみの影をたたえた乗客たちは何者なのか?列車はどこへ向かおうとするのか?孤独な魂の旅を抒情豊かにつづる表題作ほか、「風の又三郎」「よだかの星」など、著者の代表的作品を6編収録する。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2012/03/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/10/24Posted by ブクログ

      「やまなし」
      蟹のホームドラマ
      子供たちは春に世界の厳しさを知り
      冬に酒の味を知る

      「いちょうの実」
      いちょうの木についたギンナンたちが風に飛ばされ落ちてゆく前夜
      夢とか不安とか好き勝手なことをしゃ...

      続きを読む
    • 2009/08/15Posted by ブクログ


      これを読むのは今更かなあと思いましたが、今読んでやっと理解できるものでした。
      童話といえど対象は思春期以降かしら、という印象。

      主人公が動物や植物、田舎の子供たち、現実と虚構の往来。
      三つのパター...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000294560","price":"495"}]

    セーフモード