【最新刊】玩具

玩具

津村節子

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【第53回芥川賞受賞作収録】寸暇を惜しんで、ひたすら小説を書き続ける売れない同人誌作家の夫。そして、その夫の心の動きに一喜一憂しながら、こまやかな愛情をふりそそぐが顧みられぬ妻。破局寸前にありながら、奇妙なバランスを保つ夫婦関係の機微を、質実で丹念に書き込んだ、第53回芥川賞受賞作品「玩具」他、著者独自の文学世界を構築する四篇を収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/22
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2007/03/12Posted by ブクログ

      いっしょに住んでておたがいにおたがいの気持ちを探りあうようなことはあまりしたくないんだけどついついそうなってしまう男と女にはつきものの。男はたいていそうなると何かに逃げるというかそらすというか。そうい...

      続きを読む
    • 2017/06/26Posted by ブクログ

      「芥川賞の偏差値」を読んで知りました。芥川賞の偏差値の中でも、高い評価が付いていたような記憶がありますが、そんな評価はどうでもよく、これ読むべき小説だと思う。女の機微がほんと秀逸だし、映像的でかっこい...

      続きを読む
    • 2008/10/15Posted by ブクログ

      65年の芥川賞受賞作を含む短編集。
      だいぶ前のですが…昔は女性の受賞者って少ないんですね。
      同人誌に小説を投稿している風変わりな夫に尽くしながら満たされない平凡な若い妻の話。
      妻の嫌いな金魚を飼ったり...

      続きを読む
    開く

    セーフモード