赤穂浪士 上

大佛次郎

864円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    時は元禄14年。江戸城松の廊下において赤穂藩主・浅野内匠頭は、この間の無体な仕打ちに耐えかねて、高家・吉良上野介に斬りかかった。内匠頭は即日切腹、一方上野介には一切お咎めなしとの公儀裁定が下る。赤穂城内では国家老・大石内蔵助を中心に、強硬派と穏健派に分かれ大評定が繰り広げられる。他方、上野介と縁戚関係にある上杉家は累が及ぶのを畏れ、内蔵助に間者を差し向けた。

    続きを読む
    • 赤穂浪士 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      赤穂浪士 全 2 巻

      1,728円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード