【最新刊】ひとりぼっちを笑うな

ひとりぼっちを笑うな

著者:蛭子能収

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小さな頃から「分相応」的なものに自分らしさを感じ、「他人に害を与えない」ことを一番大事に考えてきた。友達だって少ないかもしれないけれど、別に悪いことでもないと思う。蛭子流・内向的な人間のための幸福論。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/22
    連載誌/レーベル
    角川oneテーマ21
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      手作り感満載で、経費がローコストなのに高視聴率を稼ぐ有名番組「ローカル路線バスの旅」が隠れたブームだ。そのブームに乗って出演者の蛭子能収氏が出したタレント本、というイメージの新書だが、意外になかなか読...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      これ、絶対蛭子さんが筆を動かしてなくて、
      口頭筆記だなぁって思うし、だけど、それがよかった
      感じもします。癒されるし、もしかしたら
      蛭子さんってなんかの宗教の教祖になれるんじゃないかな
      とさえ思います...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      自分もツルまず、趣味の遊びも独りを好む。したい事は自分のペースでしたいし、それを相手に付き合わせるのも悪いと思ってしまう。蛭子さんと同じだと思った。
      書かれている全てに共感出来たわけではないが、かなり...

      続きを読む
    開く

    セーフモード