HHhH――プラハ、1942年

著:ローラン・ビネ 訳:高橋啓

2,647円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ナチによるユダヤ人大量虐殺の首謀者で責任者であったラインハルト・ハイドリヒ。ヒムラーの右腕だった彼は〈第三帝国で最も危険な男〉〈金髪の野獣〉等と怖れられた。類人猿作戦と呼ばれたハイドリヒ暗殺計画は、ロンドンに亡命したチェコ政府が送り込んだ二人の青年パラシュート部隊員によってプラハで決行された。そして、それに続くナチの報復、青年たちの運命……。ハイドリヒとはいかなる怪物だったのか?ナチとはいったい何だったのか?本書の登場人物すべてが実在の人物である。史実を題材に小説を書くことに、ビネはためらい、悩みながら全力で挑み、小説を書くということの本質を自らに、そして読者に問いかける。小説とは何か?2010年ゴンクール賞最優秀新人賞受賞作、2014年本屋大賞翻訳小説部門第1位。「ギリシャ悲劇にも似たこの緊迫感溢れる小説を私は生涯忘れないだろう。(……)傑作小説というよりは、偉大な書物と呼びたい」──マリオ・バルガス・リョサ/訳者あとがき=高橋啓

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/05/15Posted by ブクログ

      「HHhH」。
      ドイツ語で、「ヒムラーの脳みそは全てハイドリヒ」というような意味の文章の、単語頭文字を並べたものだそうです。
      ラインハルト・ハイドリヒさんは、1904年生まれ。ドイツ人です。
      軍人さん...

      続きを読む
    • 2013/08/20Posted by ブクログ

      チェコ・プラハで1942年におきたラインハルト・ハイドリヒ暗殺事件を主題にした1冊である。
      ハイドリヒはナチスの将校であり、その冷酷さから「金髪の野獣」と呼ばれ、またホロコーストの推進者としても知られ...

      続きを読む
    • 2014/08/02Posted by ブクログ

      ギリギリと力の限り弓を引き絞る。放たれた矢は的に向かってゆっくりと確実に飛んでゆく。1942年5月27日午前10時過ぎ、プラハ郊外での出来事だった。歴史小説はどんなに資料を集めても虚構である。足りない...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000292918","price":"2647"}]

    セーフモード