【最新刊】人間の闇 日本人と犯罪<猟奇殺人事件>

人間の闇 日本人と犯罪<猟奇殺人事件>

1冊

著者:一橋文哉

814円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    グリコ事件、世田谷事件、他、戦後を代表する重大事件がいかにして起こり、日本人にどう影響を与えたか。未解決事件の本質の闇を覗く。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/15
    連載誌/レーベル
    角川oneテーマ21
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.2
    12
    5
    0
    4
    5
    3
    5
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/09/19Posted by ブクログ

      悲惨な事件の詳細を教えてくれる本。
      どうやって死体をバラバラにしたかとか、あんまり知りたくなかったけど。

      身近な人を疑ってしまう。
      心が暗くなる本。

    • 2013/11/20Posted by ブクログ

      心神喪失?詐病?心的外傷?変態?オタク?家族構成による情緒の欠如?人格障害?

      聞いたことが誰しもある大事件の裏側を明らかにしていく一冊。
      なんでこんなことまで知ってるんだろうという話が多い。特に酒鬼...

      続きを読む
    • 2013/06/15Posted by ブクログ

      猟奇殺人事件の詳細を読みたくて買ったもの。
      平成を中心にTVでも大々的に報道された事件が並ぶ。

      「誰でも良かった」
      「死刑になりたかった」
      「悪いのは全部俺」

      1章と2章は再読。

      女性が加害者と...

      続きを読む
    開く

    セーフモード