マネーの闇 巨悪が操る利権とアングラマネーの行方

著者:一橋文哉

814円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    巨悪が操るアングラマネーとは何か?利権に群がる政治家、暴力団とアングラの集団。日本の闇をえぐり取る「日本人と犯罪」第3弾!

    続きを読む

    レビュー

    2.6
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2016/02/02Posted by ブクログ

      マネーの闇

      戦後からあとの様々な経済の裏面。。

      この辺りの豆知識を増やすために読んでみました。

      内容的には知っているものが多く、

      30分で一気読みです。

    • 2013/03/19Posted by ブクログ

      冒頭、アノニマスのインタビューから始まるが、この本、いったい何を書きたいんだろうというのが第一印象。「ハッカーの世界が”闇の世界”とつながっていることを書きたいの?」という感じ。最終章もアノニマスのイ...

      続きを読む
    • 2013/02/23Posted by ブクログ

      出張時に京都駅新幹線新幹線乗り場の書店で購入。

      政治と暴力団を中心とした闇社会。

      例のサイバーテロ事件についても、闇社会につながっているのかと思うと、深いなあ~と思うね。

      小泉進次郎の曽祖父、小...

      続きを読む

    セーフモード