かめ探偵K

著者:北野勇作

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    街はずれに、寂れた博物館が建っていました。なんの変哲もない建物ですが、その屋根裏部屋には、亀が住んでいるのです。部屋の扉には、クレヨンでこう書かれています。「かめ探偵K」。かめ探偵Kの仕事は3つ。1つめは「甲羅干し」。2つめは「かめ体操」。そして3つめが「謎解き」。依頼人が持ち込んでくる奇想天外な謎を、かめ探偵Kは甲羅の中で推理していきます。はてさて、どうなることやら……。SF作家・北野勇作が紡ぐ、どこか懐かしい、でも近未来の小さな小さなおはなし。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/03/30Posted by ブクログ

      再読。
      北野さんの本は再読する時のほうがおもしろいのはなぜだろう。私に読解力がないからか。ちゃんと読んでるつもりなのに新しいイメージが湧いてくる。
      「かめくん」もいいけど、こちらの方がTVアニメにして...

      続きを読む
    • 2011/06/01Posted by ブクログ

      ものすごいSFネタをさらっと書かないでください、北野勇作。
      探偵の役割もさらっとかめ探偵Kに言わせているけど、それってミステリの根幹じゃないのか?

      言葉や文章が凄くうまいんだよな。全くそれを感じさせ...

      続きを読む
    • 2011/06/14Posted by ブクログ

      ソフトなようでハードなような、
      わかるようなわからないような、
      何だか懐かしいような不思議な世界。

      『レイコちゃんと蒲鉾工場』を思い出しました。

      『レイコちゃん~』が黄昏時なら、
      こちらは昼下がり...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000292413","price":"671"}]

    セーフモード