【最新刊】北朝鮮と日本人 金正恩体制とどう向き合うか

北朝鮮と日本人 金正恩体制とどう向き合うか

1冊

著者:アントニオ猪木 著者:辺真一

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いまだ韓国と休戦状態にあり、その動向から目を離せない国、北朝鮮。横たわる数多くの難題を前に「話が通じない相手」としたままで、日朝関係に未来はあるのか。スポーツ外交を続けるアントニオ猪木に辺真一が問う。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/15
    連載誌/レーベル
    角川oneテーマ21
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/03/31Posted by ブクログ

      朝鮮半島問題の第一人者の辺真一と北朝鮮に29回(当時)行ってるアントニオ猪木との対談集。

      猪木の北朝鮮に対する態度や外交努力がよくわかった。

    • 2014/09/03Posted by ブクログ

      長崎の平和の銅像は力道山がモデル。
      力道山は北朝鮮出身。ずっと隠していた、元は相撲取りだったが、朝鮮出身ではダメだからプロレスに転向した。
      1964年の東京オリンピックの時、北朝鮮は東京まで来たけど、...

      続きを読む

    セーフモード