怪文書

六角弘

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    経営者VS闇勢力の凄絶な暗闘!そごう、NEC、拓銀、イトマン、東京佐川……本書は、元『週刊文春』記者が、“怪文書爆弾”が炸裂した現場を歩いた記録である。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2014/02/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2009/02/16Posted by ブクログ

      週刊誌編集部で実際に起こったことを題材に描かれた作品。時代背景とか、ちょっと難しいかもしれないが、なかなかの良書。

    • 2011/04/09Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      「怪文書」-それは、力を持たぬビジネスマンが、トップを撃ち落とすための唯一無二の手段。
      しかし、“殺傷能力”があまりにも強すぎるため、ときに会社ごと滅ぼしてしまうなど、思わぬ結果を招くこ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000292125","price":"693"}]

    セーフモード