餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?[不正会計編]

林總

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「餃子屋シリーズ」第5弾。前作の主人公、菅平ヒカリは念願の有名コンサルティング会社に就職。しかし、研修先として配属されたのは、「ブラック」と噂される危ないコンサル会社だった。しかも、研修期間中の仕事で成果を出せなければ、元には戻れない…。果たして、ヒカリは難問を解決できるのか?

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/03/20Posted by ブクログ

      Day97の『ドラッカーと…』に続き本書評では2度目の林總(はやしあつむ)氏の著書。
      いつも物語仕立てで面白い。コナン君に頼り切りの探偵さんみたいでヤキモキする箇所もあるが、最後は自力で乗り切り、ハッ...

      続きを読む
    • 2014/08/22Posted by ブクログ

      純粋に物語として読むと、ワインとの関連付けが強引とかいろいろあります。また、不正会計摘発マニュアルみたいな感じで読むと、こんなに単純じゃないと。
      でも、会計に興味をもった人が、その運用についての留意点...

      続きを読む
    • 2014/10/08Posted by ブクログ

      不正会計のやり口を分かりやすく示してゐる。
      一連のシリーズは読んだことがないが、数字の見せ方、財務諸表の裏側についての理解は深まる。

    開く

    セーフモード