かげろう日記

吉村達也

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人は、いったい何のために日記を書くのだろうか?大学時代の恋人・内藤茜を捨てた町田輝樹のもとに、差出人不明のノートが返送されてきた。表紙には茜の筆跡で『かげろう日記』。だが茜は、輝樹にふられた十ヵ月後に、不幸な事件で死んでいる。日記は生前の彼女が、やがてくる悲劇的運命も知らず、忘れられぬ輝樹への思いを綿々と書き綴ったものだった。それを読みはじめた輝樹は、日記が死の日に近づくにつれ、茜の存在を体感する恐怖に襲われていく。

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    16
    5
    1
    4
    5
    3
    5
    2
    5
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2018/03/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/02/10Posted by ブクログ

      ホラーというか、怪談。死んだはずの元彼女のつけていた日記が届き、死ぬ日を目指して読んでいくと…という話。

      コンセプトはシンプルでよくある話。ただ、いつまでたっても、日記の謎が解き明かされないため、恐...

      続きを読む
    • 2014/11/23Posted by ブクログ

      グロい
      霊を主題にするのは推理小説ならアウトでホラーならセーフなのか。
      最後の一文で推理小説からホラーに転じた。

    開く

    セーフモード