【最新刊】クロクロクロック 結

クロクロクロック

著者:入間人間 イラスト:深崎暮人

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高校生・首藤祐貴は、拳銃の売人と出会う。そして資質を買われ『次なるターゲット』を依頼される。さて彼の決意は? 陶芸家・緑川円子は、弟子の金髪青年の妹と犬をかくまうはめになる。緑川は、仕事の邪魔をされてうんざりの様子。 殺し屋・黒田雪路は、首藤を仇と考える小泉明日香と朝食を取る。また面倒事が増えた、と思った。 駄目大学生・岩谷カナは、持っていた拳銃のせいで拉致監禁され、生命の危機を迎える。彼女の望みの綱は、『丸い犬』。 探偵・花咲太郎は、二条オワリとともに、カナと『丸い犬』の行方を捜し始める。彼は相変わらず閃かない。 小学生・時本美鈴は、殺し屋・木曽川につきまとう。理由は、暇だから。文句を言われたら、銃で撃てば良い。 終焉、間近。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/11
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル
    • クロクロクロック 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      クロクロクロック 全 3 巻

      1,859円(税込)
      18pt獲得

    レビュー

    • 1巻
      ネタバレ
      2012/08/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 1巻2012/09/28Posted by ブクログ

      様々な年代の男女が拳銃を巡って奔走したりする群像劇。

      入間先生の作品としては珍しく、三人称視点で話が進んでいきますが、寧ろいつもより読みやすくなっていて良かったです。また、主要六人の視点がころころと...

      続きを読む
    • 1巻2014/02/28Posted by ブクログ

      何の関係もない6人が6つの拳銃を通して繋がっていく、そんな話。6人以外にも重要な人物がいるようで時間を開けて読んでいたことによって把握が大変でした。

    開く

    セーフモード