生き残るスーパー・コンビニはどこだ!―週刊東洋経済eビジネス新書No.69

編:週刊東洋経済編集部

216円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    少子高齢化、単身世帯の増加、そして増税。いま小売業をめぐる環境が激変している。この難局をどう乗り切るのか。セブン-イレブンは「第2の創業」を掲げ、オムニチャネルを推進している。ローソンは首位セブンとの差を埋めるべく「イノベーションラボ」を立ち上げ、商品開発に熱心だ。一方、イオンに買収されたダイエーは長年しみついた赤字体質から抜け出せない。スーパー・コンビニ業界の新たな勝者は誰だ!本誌は『週刊東洋経済』2014年4月26日号第1特集の22ページ分を抜粋して電子化したものです。●●目次●●消費税8%後の勝者は誰だセブン&アイオムニ戦略の全貌オムニが小売業の競争原理を変えるInterviewセブン&アイ・ホールディングス会長兼CEO鈴木敏文H2O×イズミヤ異業種統合の真意地方スーパーで進む地殻変動ダイエーの看板が消える日は来るのかスマホユーザーを呼ぶ、リアル店舗のO2O作戦激烈!ローソンのオンリーワン戦略Interviewローソン次期社長玉塚元一食品スーパーが都心で熾烈な陣取り合戦情報武装でおしゃれに変身。進化する100円ショップ地方スーパーは電子マネーに活路

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード