弱いつながり 検索ワードを探す旅

著:東浩紀

564円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    「かけがえのない個人」など存在しない。私たちは考え方も欲望も今いる環境に規定され、ネットの検索ワードさえグーグルに予測されている。それでも、たった一度の人生をかけがえのないものにしたいならば、新しい検索ワードを探すしかない。それを可能にするのが身体の移動であり、旅であり、弱いつながりだ――。SNS時代の挑発的人生論。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    11
    5
    3
    4
    4
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      よみやすすぎてすごい。その昔、読了≠読解するのに何か月も要した『存在論的、郵便的』の読書体験とは明らかに違う。そう言えば当時の己は、本自体から何か“答え”を得ようと頭をフル回転させながら、頁を行きつ戻...

      続きを読む
    • 2019/03/18Posted by ブクログ

      読みやすくてさらさらーっと読んじゃったからあまり残らなかったな。
      でも解説は何言ってんだかわかんなくて読めなかったのですごいわかりやすく書いてくれたんだなーって。
      福島原発の観光地化の話はいいなって思...

      続きを読む
    • 2018/09/22Posted by ブクログ

      思想家・東浩紀氏が旅についてとインターネットの検索ワードについての思索を交差させて書いたエッセイです。ネット社会と呼ばれる現代において検索ワードを考えて情報を得ることが自らの世界観を構築するうえで重要...

      続きを読む
    開く

    セーフモード