【最新刊】牡丹

牡丹

著:団鬼六

517円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「パッとやれ、パッと派手に」それが口癖で、幽艶な牡丹のように散った友――。博奕打ち、相撲取り、くず屋、ヤクザなど、多くの愛すべき人々との交流を通して知る人生の不思議。生死さえも日常の些細な出来事によって変わってしまう人間の運命とは、小説より無法則で怪奇に出来ている。そう、博奕とは、人生そのものではないか?傑作エッセイ第二弾。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/08
    連載誌/レーベル
    幻冬舎アウトロー文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    レビューコメント
    • 牡丹

      団鬼六の随筆集。 SMの人というイメージがあったが、この随筆はまったくそれを感じさせず、将棋がすごく好きな作家という感じ。とても読みやすい文章でしかも面白いので一気に読み終えた。ヤクザの親分と将棋で勝...

      続きを読む
    • 牡丹

      素晴らしい短編小説。そういえばこういうのが小説と呼ぶべきものだったなあ、と思わせる最後の一節がことごとく素晴らしい。著者のあとがきも、この短編集全体の最後の一節、といった様相で、なおいっそうの味わいを...

      続きを読む
    • 牡丹

      将棋のルールは知らないけれど、人生の分岐点に将棋がある鬼六先生。将棋に救われたり、将棋で裏切られたり、人生いろいろ。

    • 牡丹

      少々出来すぎのような話もあるが、それが事実だとすればそれこそ団鬼六という人の人生なんだろうな。あとがきで、タイトルを「牛丼屋にて」にしたかったのに編集が「牡丹」なんていうのにしたのが気に入らないとか書...

      続きを読む
    • 牡丹

      いっときマイブームでした・著者のエッセイ。

    セーフモード