【最新刊】アスペルガーですが、ご理解とご協力をお願いいたします。(大和出版) 私だから書けた「アスペ」の取扱説明書

アスペルガーですが、ご理解とご協力をお願いいたします。(大和出版)
1冊

著:アズ直子

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

メディアや教育現場等、各方面で反響となっている『アスペルガーですが、妻で母で社長です。』の第二弾。「行動が理解できない」「つきあいづらい」「言っている意味がわからない」等、アスペルガーである著者とかかわる人々は、日々氏に翻弄され混乱する毎日。そんな、ある日、「どうしたら氏とうまくつきあうことができるのか」、その鍵となるものがとうとう見つかった。それが、「今までの常識にあてはめない」ということ。そこで、本書では、「効果的な合いの手作戦」「思わず動いてしまう誘導作戦」「嘘は厳禁」「丸投げは危険」など、アスペルガー当事者と関わる人々が見出した、アスペルガー当事者と、うまくつきあえるようになれる知恵と工夫を全公開。この一冊で誤解やトラブルが減る!アスペルガーと歩み寄れる!

続きを読む
提供開始日
2014/08/08
連載誌/レーベル
大和出版

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2016/10/01Posted by ブクログ

    当事者側から読んで、
    「ここをこうサポートをお願いしたらいいのか!」
    と、なるほどフムフムな点が多かった本です。

    家族に読んで貰うとか、自分がサポートをお願いするためのヒントとして読むとか、誤解を生...

    続きを読む
  • 2014/12/16Posted by ブクログ

    率直にいうと、なんかズルくね? と思ってしまった。ぼくも人付き合いは苦手で、余計なことを言って人を怒らせることもある。でもまわりに対してぼくと付き合うときにはこうしてくれ、とは言えない。面倒だからぼく...

    続きを読む
  • 2012/12/02Posted by ブクログ

    アスペルガー当事者として、自分の特徴を客観的に捉える能力の高い人なのだと感じます。その点が、数多いアスペルガー関係の書物との違いです。

    著者と2人暮らしをしていた小学生の娘さん。中学校入学を期に上海...

    続きを読む
開く

セーフモード