【最新刊】男の嗜み 「野暮な人」といわれていないか

男の嗜み 「野暮な人」といわれていないか

著:川北義則

1,200円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    嗜みは三つの意味(好み、能力、作法)を併せ持つ言葉で、一言でいえば「好きなものをよい作法、心構えで味わえること」だという。好きなものが「やれる、できる」ではなく、よい作法、心構えで行い、味わうことができる――それが嗜みの本質であり、そのためには人としての成熟が不可欠になる。ただし、作法や心構えは抑制が過ぎると、たちまち没個性に陥る。作法を押さえたうえで、いかに自分らしく振る舞うか、振る舞えるか――これこそ嗜みの肝であり、そこでカギを握るのは「これ見よがしではない、さりげなさ」という意識ではないかと著者は言う。言い換えれば、「いかにイヤらしくなく、自分を表現できるか」である。「趣味」「遊び」「食・酒」「旅」「おしゃれ」を上手に楽しむ女性は多いが、男だって楽しまない手はない。まわりから「野暮な人」と言われることなく、好きなものを楽しみ、人生を後悔しないためのヒントが満載された粋なエッセイ集。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/08
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 男の嗜み 「野暮な...
      2015/02/07

      伊集院静と並びこれからの生き方に大いに参考となる。また、日頃なかなか使うことがない言葉があり、これから役立てていきたい。嗜み、オツ、余韻を楽しむ、日常の瑣事を愛す、悲喜こもごも、愉悦、粋人、無粋など。

      Posted by ブクログ
    • 男の嗜み 「野暮な...
      2014/02/09

      品のある大人になれているのだろうか。本書のすべてをまねすれば良い訳ではないだろうが、まねて悪いことは書いてないと思う。
      「嗜み」、良い言葉。

      Posted by ブクログ
    • 男の嗜み 「野暮な...
      2014/02/25

      筆者の思う粋な生き方。
      素敵な生き方かもしれないが自分がやるとしたら他人からは滑稽に見えると思う。
      懐に余裕があるなら良いと思うが自分では一点豪華主義で終わる。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード