【最新刊】ジェントルマン

ジェントルマン

山田詠美

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    眉目秀麗、文武両道にして完璧な優しさを持つ青年、漱太郎。しかしある嵐の日、同級生の夢生はその悪魔のような本性を垣間見る――。天性のエゴイストの善悪も弁えぬ振る舞いに魅入られた夢生は、漱太郎の罪を知るただ一人の存在として、彼を愛し守り抜くと誓う。切なくも残酷な究極のピカレスク恋愛小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/08
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • ジェントルマン2016/05/02Posted by ブクログ

      残酷なまでに美しい悪魔のような男と、その悪魔に魅せられて愛し従属した男の話。震えました。あの衝撃のラストは彼らにとったらメリーバッドエンドなのだろうか。漱太郎もユメなら仕方ないねって笑いそうな気もする...

      続きを読む
    • ジェントルマン2014/12/09Posted by ブクログ

      大好きな山田詠美。
      美しい文章。美しすぎて、溜め息が出る。

      なのに、こんな終わり方はいやだ。
      私は、このお話に出てくる人がきらい。圭子のことも、夢生のことも、路美のことも。
      漱太郎のことは、もっとき...

      続きを読む
    • ジェントルマン2014/10/20Posted by ブクログ

      漱太郎の数々の卑劣な行為は女として到底受け入れがたく、嫌悪感だけが残った。彼を愛する男、夢生も翻弄され終には破綻してしまう。そして彼らに深くかかわる二人の女は一見脇役であるように思えたが、終盤クライマ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード