【最新刊】日本は植民地支配をどう考えてきたか

日本は植民地支配をどう考えてきたか

著:和田春樹 著:石坂浩一

1,936円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。植民地支配謝罪の国会決議を求める運動と、反対派の動きを記録し解説をつけた。海外の論調も掲載。

    続きを読む
    ページ数
    195ページ
    提供開始日
    2014/08/08
    連載誌/レーベル
    教科書に書かれなかった戦争

    レビュー

    レビューコメント
    • 日本は植民地支配...

      ちょっと思想的にかたよっている気がしないでもないけど、日本が植民地支配をどうとらえてきたのかがわかる。日本の歴史問題への対応は当時の政権のパフォーマンスにすぎない。しかし、そもそも本書が主張するように...

      続きを読む

    セーフモード