柳田国男の民俗学構想

著:室井康成

4,576円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    柳田国男にとっての「民俗」とは、古き良き日本の原風景といった郷愁に満ちたものだったのだろうか。柳田以降に醸成された「民俗学」をめぐる神話から脱し、「公民」「よき選挙民」の育成を企図した柳田民俗学の実像にせまる。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/02/16Posted by ブクログ

      柳田国男が目指していたのは「公民」――新しい時代の良き選挙民を育成する事にあった、という観点から書かれた一冊。その中で「民俗」とは打破すべき旧態であり、「民俗学」とはその現状を把握するための学問だった...

      続きを読む

    セーフモード