継続する植民地主義 ジェンダー/民族/人種/階級

著:岩崎稔 著:大川正彦 著:中野敏男 著:他

3,740円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。総力戦体制の戦後への連続と再編──。「動員」「分断」「ジェンダー」「民族」などの視角から、戦中から戦後までを貫く東アジアの植民地主義と総動員体制の変容を見定め、輻輳した「戦後」という時空間を解きほぐす。戦後責任に正面から応答する試み。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/06/23Posted by ブクログ

      ・尹京順「基地村の発生と展開―ユングミ事件が突きつけること」
      基地村の問題について、簡単な歴史。
      性売買特別法などの話も。(2010.6.23)

    セーフモード