病原体はどう生きているか

著:益田昭吾

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    たとえばコレラ菌は、子孫を残すためにコレラという病気を起こす。コレラ患者の身体は最適な生存環境だからである。けれども患者の死は、コレラ菌にとっても不都合なことになる。ではコレラ菌は、どうやって生き延びるのだろうか。ミクロな世界の生存競争を眺めながら、病気と病原体の自己保存との関係について考える。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/11Posted by ブクログ

      2009/8/25
      少し下火と思っていた新型インフルエンザが猛威をふるいだした。
      今年の冬はどうなるのだろう?
      以前に買ったこの本、引っ張り出して再読しよう!

    セーフモード