【最新刊】エウロパの底から

エウロパの底から

1冊

著者:入間人間

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私は小説家だ。そしてこれは私の小説だ。私が心血を注いだ惨殺があり、私が身を削るように描いた苦悩がある。文の始まりから果てまで、すべてが私だ。事件は私の書いた小説の通りに起きていた。犠牲者、殺害の方法、現場の描写。すべてが私の描いたとおりに。私の見る『小説』通りに。こんな殺し方ができるのは誰だ。こんな小説が書けるのは、なぜだ。警察も、被害者も、加害者も私を疑う。『犯人』と決めつける。だが私は『犯人』ではない。私は、小説家なのだ。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/01
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.5
    8
    5
    2
    4
    1
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/09/11Posted by ブクログ

      彼が書いた小説を模範したかのような犯行。
      これから起こる事を知り誰かに話したところで、どれだけの人間がその発言を信じるだろう。
      結末を知っているからこそ、それを変える事の出来る唯一の人間でもあるのだろ...

      続きを読む
    • 2016/08/21Posted by ブクログ

      この主人公のモデルはやっぱり入間さん本人ですよね。類似点多かったですし。
      なつきさんが再登場してくれたのは嬉しかったです。
      (2014/04/05)

    • ネタバレ
      2015/11/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード