【最新刊】たったひとつの、ねがい。

たったひとつの、ねがい。

1冊

著者:入間人間

583円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    彼女と知り合ったのは学生時代だった。互いに心を通わせてる、そのことすらも確認しなくてもわかる日々。そして今日。思い切って結婚を彼女に持ち出してみた。下手に出て、お伺いしてみる。恐る恐る顔を上げて反応を確かめると、非常に希少なものが拝めた。彼女がにたにたと、ともすれば意地悪く見えるほどにやついている。つまり、良いよ、ということ?やったぁ……と、思ったその瞬間。あんな、あんなことが起こるなんて。それから、僕のもう一つの人生は始まった。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/01
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.4
    46
    5
    11
    4
    12
    3
    15
    2
    3
    1
    5
    レビュー投稿
    • 2019/05/01Posted by ブクログ

      この小説は
      私の場合読みながら寝ちゃうと
      苦しい夢を見てしまう
      入間人間さんらしい小説。

      入間人間さんは
      痛みとか苦しみの表現が上手くて
      読んでる最中の私も
      ドロドロした気持ちが止まらないのは
      他の...

      続きを読む
    • 2019/03/01Posted by ブクログ

      読後感の悪さ特集、みたいなところで見かけて、入手したのだったか。珍しく、いわゆるラノベに手を出してみた。でもやっぱ、慣れんことはあんまするもんじゃない、という典型例。とりあえず最後までは読めたから☆3...

      続きを読む
    • 2018/09/20Posted by ブクログ

      長く付き合っている彼女との穏やかな生活。結婚をほのめかすと、彼女はニヤニヤと笑った。ところが幸せは幕を下ろし、俺の人生の第二章が始まっていく…。 グロ注意。

    開く

    セーフモード