【最新刊】たったひとつの、ねがい。

たったひとつの、ねがい。

著者:入間人間

583円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    彼女と知り合ったのは学生時代だった。互いに心を通わせてる、そのことすらも確認しなくてもわかる日々。そして今日。思い切って結婚を彼女に持ち出してみた。下手に出て、お伺いしてみる。恐る恐る顔を上げて反応を確かめると、非常に希少なものが拝めた。彼女がにたにたと、ともすれば意地悪く見えるほどにやついている。つまり、良いよ、ということ?やったぁ……と、思ったその瞬間。あんな、あんなことが起こるなんて。それから、僕のもう一つの人生は始まった。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/01
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2017/03/15Posted by ブクログ

      ほんわか恋愛小説だと思ていたのに、騙された。
      表紙詐欺だ。
      てっきり猟奇的な方法で彼女を殺した男たちに対する復讐に人生を費やした男の話だと思って読んでいた。
      それでも彼女のために人生を費やした男の話と...

      続きを読む
    • 2012/12/15Posted by ブクログ

      *ネタバレ注意*


      10分の幸せと、2時間の復讐と、10分の収斂。そこにあったのは、たったひとつのねがいと、予定調和だった。


      「食べ物の恨みは恐ろしい」


      まさかこの言葉がこれほどの物語を生も...

      続きを読む
    • 2014/06/23Posted by ブクログ

      あらすじ、表紙からは想像できない内容で、
      グロイのに抵抗のある方は読めないかもしれない。

      それでも一気読みしちゃうぐらいグイグイ引っ張られて気づいたら読了。
      最後は謎の爽快感と気持ち悪さ(比喩ではな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード