遮那王 義経 7巻

沢田ひろふみ

453円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    平清盛の娘・徳子が天皇に嫁ぎ、平氏の勢力をさらに盤石なものにしていた。そんな中、源氏でありながら平清盛に仕える源頼政が鞍馬を訪れる。漂太(遮那王)に出会い、その才能を見出した頼政は、源氏の未来に希望をつなぐ。一方、久々に蔵を出た本物の牛若は、平氏の使者にその姿を見られてしまう。六波羅の調べが漂太にも及ぶと直感した牛若は鞍馬へと向かうが、病は着実に牛若の身体を蝕(むしば)んでいた……。

    続きを読む
    • 遮那王 義経 全 22 巻

      未購入巻をまとめて購入

      遮那王 義経 全 22 巻

      8,607円(税込)
      86pt獲得

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2004/12/04Posted by ブクログ

      ご存知義経のお話なんだけど主人公は替え玉なんですよ(笑)義経との別れの場面ではおもわず泣いてしまいました(アホでし)

    セーフモード